かなりの弾力で、さしみこんにゃく盛ってみた!
週6回以上は夕飯作ってますが・・・

写真を撮るタイミング、撮るクセがほぼ無い毎日な私です(笑)


でも、昨日は、先日でけててた秩父で買ってきた、

舌触りも食感も、味もどれもが素朴すぎる”さしみこんにゃく”を

厚み良くカットしたら、30センチの細長い皿に盛ったらどう?なのが脳裏に浮かび、

そこそこ、見た目体裁もよかったので・・『こんな盛り方もあるよ~』で・・ご紹介

DSCN0947_convert_20180414133549.jpg

さしさこんにゃくを盛ったうつわは、

随分前ですが、信楽のどこかのギャラリーでで購入した、

ざらざら感満載な(笑)焼きしめの長皿。


本来は、さんま皿って名前付いてそうな大きさなものでが、

私は、焼くと皮が黒くなるさんまを、盛りつけたことは無く(苦笑)別使用が多いです。





耳付きな深丸皿は、我が家や仲間いちでは、ぐるぐる皿と銘々

購入したのは、笠間の陶器市で、

行くたびに、この作家さんブースで何かを買ってしまうので、

他の形も含め、種類としてはいくつか持ってます。





タレが入っている白釉薬と、冷奴が盛ってる藍色ものは、

どちらも量産品ですが、便利サイズなので、よく使っています。



【2018/04/14 13:46 】 | 私の器の使い方と簡単レシピ | コメント(0) | page top↑
<<栗田さんのマグ | ホーム | 栗田さんの青皿>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |