信楽・急須
持ち手部分は無いけど・・特別なお茶用に。
DSCN1582_convert_20100131153901.jpg
この急須をつくられてる窯元さん(宗陶苑)では、うががうと
ご主人がいつもおいしいお茶を入れて信楽や焼きの話をたくさんしてくれるんですよ。

DSCN1581_convert_20100131153818.jpg

信楽・宗陶苑さんでは
【鉄瓶で沸かした】湯を【湯さまし】で冷ましたあと
茶葉にお湯がしみ込んだものを・・

普段味わう事もないものなのどう表現していいか(笑)・・
口の中に少し甘めで渋みもかんじる・・みたいな。。
ボキゃブラ不足ですみません。

そんな私も以前信楽のお茶を買って家で同じように飲んでみたんですけど、
何のこだわりもない、雰囲気も全くない普通の急須じゃ・・ねえ~。。
お値段は高い茶葉なのに、本来の価値も引き出せて飲めなかったのが今でも心残りです。

        kunonには宗陶苑んの他にも類似の茶器があります
        DSCN1585_convert_20100131153957.jpg
【2010/01/31 16:08 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
テーブルウエアフェスティバル
今日から1週間東京ドームでテーブルウエアと括られる
いろんな物のイベントやってますよ~!

お時間や興味のある方は東京ドームホームページにある
イベントサイトを覗いてみてはいかがですか??
【2010/01/30 20:13 】 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
陶器おひつ
直火も可でレンジも使える【陶おひつ】

万古焼  大・・直径17cm×高さ7.5cm
      小・・直径13cm×高さ6cm   



ご飯を保存するという、おひつ本来の使い方の他に・・
 ①冷めたご飯をそのままレンジで温めたり(余分な水分がご飯に残らない)
 ②お鍋のように雑炊など、汁物系を調理ができる
 ③ご飯を炊くこともできます
 ④簡単な炒め物も可能です

寸胴の土鍋だからもちろん直火は可能で
揚げ物じゃなければグリルもオーブンも使えて、そのうえ保存容器としても利用できるスグレ物っていう万能君です!

【2010/01/30 15:59 】 | 土鍋・陶板・陶土で出来てる道具 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
小さなお雛様たち
気軽に飾ってもらえそうなお雛様です
DSCN1555_convert_20100129132637.jpg
上の写真のものは小さめなんで、場所も取らずに飾れるのが◎です!





こちらは信楽の明山窯さんの陶雛人形
DSCN1557_convert_20100129133534.jpg DSCN1559_convert_20100129133613.jpg 
可愛いというより、ひとつ一つ細部まで丁寧に
つくられててある意味カッコイイ!重厚感もたっぷりあります。
【2010/01/29 13:42 】 | 陶雑貨・陶人形 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
信楽・古谷さんちのうつわ
白鉄線楕円皿
DSCN1533_convert_2h0100126150204.jpg
27cm×19cm×高さ3.5cm

本来は盛皿サイズなんでしょうが。。
底面が平たく広いので、パスタ皿や朝食セットのような使い方で
『洗い物めんどくさやさん(苦笑)向き』のワンプレートメニューには良いかも!


   

        白鉄線三角鉢
        DSCN1534_convert_20100126150301.jpg
        15cm×高さ4.5

        大きめの小鉢という感じかな~?       
        サラダボウルやおでんなどの具材の多きなものを
        とり分けたりするのにも適サイズです!
【2010/01/28 14:11 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
夕焼け…
夕方沼津港の水門展望台に戻って落陽にぎりぎり間に合いました!
20100127171612


この水門展望台は同日なら何度でも再入場できて100円。
夜9時まではいれるんですって!
DSCN1545_convert_20100128184112.jpg
何度でも・・っていうのにのせられて、この日は天気も良く
左に夕陽、右に雲ひとつない富士山を見れた私たちは安く感じたな~。。 
【2010/01/27 17:16 】 | 日記&身近なコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
お昼ご飯を食べに⇒沼津に来ちゃった!
沼津港[セリ市場建物内の食堂]です。

今日の水揚げのお勧めがは寒ぶりらしい・・
20100127140919
既に完食…『こんな日があっても良いよね』って(笑)感じですかね!
おさしみ定食と寒ぶりの塩焼き、生しらす、さくらえびのかき揚げ…
【2010/01/27 14:09 】 | 日記&身近なコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
予定が狂いまくって(1)…
東名高速・・大井松田あたり
20100127110521
お天気が良くって、何となく出掛けて来てしまってます。
こちら側の富士山はたくさんの雪なのに、静岡側はあまり雪がなかったな~。。


鮎沢パーキングに居た【アメリカンドッグ君】
DSCN1543_convert_20100128185857.jpg
これ!人が入れる気ぐるみ?だと・・思います。
手が出るとこが左右にあったし(笑)
【2010/01/27 11:05 】 | 日記&身近なコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
箸置きなお雛様
パッと見るとお雛様の置物のようですが・・
DSCN1523_convert_20100126150132_20100126154135.jpg
前側の空洞部分にお箸を差し込むことかできるんです
『箸置き雛』と命名されてるけども(苦笑)

きれいだし、かわいいし・・なんだか御雛様に失礼な感じもするし
使った箸を置くことを考えるともったいない気もします。。。
それでも気になりすぎて・・買い付けてきてしまいました(笑)
【2010/01/26 20:00 】 | 陶雑貨・陶人形 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
刷毛目のゆのみ
信楽の器

一見、形は極々ふつう?なお煎茶碗だけど・・
高台部分が高くはないけど台形のような形で、
刷毛目で実際の大きさと見た目の違いを上手く描いてあります。
DSCN1521_convert_20100126150014.jpg
直径9cm×高さ7㎝


    内側にも丁寧に刷毛目が描かれています
    1520_convert_20100126145940.jpg
【2010/01/26 15:11 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
加藤仁志さんの陶磁展のお知らせ
kunonで思いっきり(苦笑)お世話になってる・・
岐阜県土岐市の加藤さんが今年も都内で作陶展をされるそうです。

新作やこの時だけの器も出されると思うので
加藤さんファンの方はお時間があれば是非!!

期間・・2月6日(土)~13日(土)
    
場所・・galleria 【ACCa】ガレリア アッカ
    台東区下谷3-1-32  03-3873-2340
    最寄駅 日比谷線入谷駅(徒歩2分)とJR鴬谷(徒歩12分)

加藤さんご本人は6日、7日、13日にギャラリーにいらっしゃる予定とのことです。


こちらの写真は定番の器です
   DSCN1518_convert_20100126152301.jpg
   
【2010/01/25 13:42 】 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
うつわ新作発表と出会い情報
今月末から、来月中ごろまでいろんな場所で作家さんたちの
作陶展や業界系見本市、新作会・・が目白押しです!!
春過ぎをお楽しみに・・・地味~にたくさんでかけますよ~!!


ほかにも一般の方でも見れる(行ける、買える)
テーブルウエアーショー?
なるものがあります
(東京ドームで1月30日から1週間くらい)←詳しくはドームサイトで・・
もう何年も(最近は)行ってないけど



【テーブルウエアーフェスティバル】
全国規模で数ある見本市(展示会)は普段は業界関係者しか入れない
見本市(展示会)みたいなのを一般の方にも公開してるって感じかな?

もちろんテーブルのセッティング、演出方法、提案、盛りつけ方、流行るもの・・
などいろんな物も事ものぞき見できるってことだけど、
ここはあくまでも・・
【一般の人がたくさん出入りするってことが前提でのイベント】
なんで
だってショーだから入場料取るし(苦笑)←モーターショーとかも有料だしね。



『それでも楽しめるから良い!』と思うかは個人の判断ってことで・・
ここでは即売もあるようです
kunonの御客様でも毎年行かれてる方もいますし・・

闇雲な即売会場での買い物じゃなく、
『探し求めてるものを見つける』とか
『これから来る(流行る)ものを見る』とか、
『食に関するものを見極める』とか
目利きアップな感じで楽しむのも一つの手だとおもいます。



私も2月から3月にかけては見本市、作陶展、新作打ち合わせなどで
色々と出かける予定です!でも品物が出来上がってkunonに並ぶのは
桜が咲くのが先か・・花水木か?ってとこですかね(苦笑)
じっくり待てば良いもの、とっておきの物に出会えるのは過去にもたくさん経験してるから、
皆さんも気長にお付き合いくださいね。





【2010/01/24 18:33 】 | いろいろな紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
そら豆型の平皿
淡いグリーンの器です
DSCN1495_convert_20100124125824.jpg
大・・27cm×20cm
小・・16cm×12cm

大きな方は盛皿やパスタ・サラダ皿ににと我が家では活用してます
小さな方は取り皿やデザート皿に・・
【2010/01/24 17:09 】 | 私の器の使い方と簡単レシピ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
すり鉢(櫛目鉢)
いまどきのすり鉢は形も柄もいろいろです!
DSCN1524_convert_20100112151140.jpg DSCN1470_convert_20100123190445.jpg

DSCN1522_convert_20100112151041.jpg
まさに!THEどんぶり(麺鉢)に櫛目をほどこしてるようで
写真のものは大きさも麺鉢の大きさです。

和えたり、擂りおえたあと、『そのまま食卓に出してもかなり良いんじゃないの?』かと!
昔からある茶色の擂り鉢は、注口がついていないのがほとんどで
汁系物を入れるときはお玉などが必要だけど・・
最近は注口タイプが多いようです(便利ですよね~) 

櫛目鉢に関していえばkunonで扱っている3寸~7寸(全9種類)は
すべて片口(注口))タイプです。


*形状や用途によって作られている産地や窯元さんが違うのを選んできてるのでご了承ください。

 
【2010/01/23 17:52 】 | うつわのご紹介 | コメント(1) | トラックバック(0) | page top↑
信楽・フリーカップ
信楽、宗陶苑さんの器の紹介です

宗陶苑さんは主に薪で焼く登り窯でやきものを作られてて
今現在、信楽中で通年稼働してる登り窯では最大級だそうです。

DSCN1509_convert_20100112150536.jpg
9㎝×10㎝と9㎝×12㎝


おっビアカップの形だけど、大きめな湯呑としてや焼酎用に
購入されてく方が多いのかな?
色合いはどれも、不思議で微妙な感じで景色も風合いも様々です。

お酒やお茶の時間を『至福な時間』とされる方には
とっておきのひと品かも。。



これは・・白窯変の器
0677_convert_20100122145720.jpg
ほかにもkunonでは焼き〆の急須、湯呑、器類では白窯変釉のシリーズ(丸皿、楕円皿、小鉢、角平皿、銘々皿・・)などを買いつけています
【2010/01/22 15:19 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
探し物の器って・・
愚痴かも・・(苦手な方はスルーしてください)

『ありそうで、どこ探しても無い』って器はたいがいが無いことが多いようで・・
できる限り相手の情報を貰って、こちらの持ってる情報をすり合わせていっても
一向に平行線だったり・・でを話を聞くと

①『陶器(磁器)ではみたことないけど、樹脂やガラスによく有る!』
 これは探すのはちょっと無理に近い(苦笑)できるだけの情報を差し上げても
 ほとんど・・9割以上は違うってとこですかね。

②『昔(以前・幼いころとか)家で使っていたものにかなり近い物・・』
 これも今現在実在していないものだったり、全くサイズが解らなかったりで
 もちろん、材質も容量も解らない感じが多いんですね、自分もそうだけど
 無くしたものや、手に入れられないものは、かなりの確率で
 自分の中で美化や変形してたりして、類似品も見つけることができないんですよね。

ちなみに【よくあるサイズとか色・・】っていう表現も手つくりのものには難しいです(笑)
作り手側はみなさん、使いやすいとかは当たり前ですが、そのうえで
『ひととはどこか違うもの』を必ず作品(器)に織り込ん(練って、成形して焼いて)いますからでないと、手つくりの良さや風合いはないでものね。。



今後もできるだけ勉強して、品物同様に情報も仕入れて頑張ります!!






最後に《今日のちょっと嫌な気持ち》
kunonに【無いもの】【扱わないもの】【需要のないもの】でも
探されてるものであれば、私にできる限り(知ってたり、調べたりで)・・
どこかほかの店や、探す方法(店舗や業種)はお知らせしていますが、

kunonnに無いものや、コンセプト違いのもので、それを問われて
『なぜ知らないの?』『なんで解らないの?』といわれても・・ある意味逆ギレ?
さすがの私でも(苦笑)・・さすがに困ります(ちょつと憤慨したけど)


世の中に無いもの?見かけないもの探すのは大変でしょうけど、
大事で必要なら簡単には手に入らないんでしょうから
『時間をかけてでも』・・て広い気持ちでいてほしかったな~。



【2010/01/21 17:06 】 | 日記&身近なコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
春の陽気??って??どのあたり??
完全なひとりごとです(苦笑)


天気予報のおっしゃる通り・・確かに太陽があたってる場所は暖かかったようだけど
この界隈?三軒茶屋あたりはさほど・・って感じで。。。
きっと車中やテラスとか、公園とかは風もさほどないから春陽気だったのかも・・。

この辺りはビルも多くて日陰や強風箇所も多いんですけど、店の外を歩いてるひとは・・みなさんほとんどが手袋に、マフラーもしたままで、上着も脱いでるような人はいなかったな~。

kunonも2時過ぎには寒さで『店のドアを閉めてエアコン入れてみた!』ってとこです
意外と外気温あがらなかっんですかね?


せっかく薄着?してきたのに、早い時間から重ね着しまくりでした(笑)

明日以降はまた寒くなるようで・・体調管理には気をつけなければ!
【2010/01/20 20:31 】 | 日記&身近なコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
五楽鍋
たとえば・・こんな浅形の土鍋のこと
DSCN1527_convert_20091126120325.jpg

        DSCN1457_convert_20100119150322.jpg

              DSCN1513_convert_20100119150248.jpg
宿や料理屋さんで見かける『ひとり陶板鍋』の大きい版というところでしょうか

もちろん名前の通り・・5つの機能?使い方が提案されてるんです
【焼く】【炒める】【煮る】【蒸す】【炊く】
の5役土鍋です

使う人によってどんな風にも広がりが出るし、面倒くさがりの私のように
少ない食材で変化のあるメニューを作りだせる可能性ものひと品なんです!!(笑)




【焼く】肉、魚、野菜など普段使いの(フライパンや鉄板)のように使うことが出来ます
    他にも・・すき焼き、おもち等々

【炒める】野菜炒めはもちろん!麺類、飯類を炒めたりとこちらもフライパンの様に・・

【煮る】通常の土鍋同様に使えますが、浅めなので湯豆腐、煮込みうどんや卵とじ(カツ煮など)のお料理向きかも?

【蒸す】鍋サイズに合った脚付網を利用してシュウマイや芋類などの蒸しふかし料理に・・他に我が家では[アサリの酒蒸し]にも・・蒸し上がった後器に入れ替えることなく食卓で使えるので冷めずに頂けます

【炊く】白ご飯はもちろんですが、お野菜、パエリア、雑炊など・・
【2010/01/20 14:57 】 | 土鍋・陶板・陶土で出来てる道具 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
信楽・灰釉
信楽・白道窯さんの器です
DSCN1486_convert_20100117155920.jpg
だいたいのサイズですけど・・
16cm~18cm×13cm~15cm位


全てが違う色合い、微妙に違う形・・同じ仕上がりは無いので
自分好みなものを・・って感じですかね!
【2010/01/19 14:34 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
kunon休業日のお知らせ
都合によりkunon(店舗)は
1月18日(月)お休みになります






【お知らせ】
*こちらで紹介している器や陶器の価格はblogには載せていませんが
 一部ホームページ上には記載してます。
 気になる事、器のことなど購入される予定が無くても全くかまわないので
 お電話でもメールでもお気軽に問い合わせくださいね。
 (メールでのお問い合わせはホームページから)



↓ホームページはこちらから
kunon

手づくりうつわのお店 【和食器のKunon  くのん】
東京都世田谷区三軒茶屋2-54-14-102
TEL&FAX:03-3487-0599
平日・・11時~  土日祝祭日・・12時~

不定休の為、営業日と時間はblogで確認いただくかご連絡ください。

【2010/01/18 00:59 】 | お知らせ | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
信楽・五島伸行さんの器①
【信楽町杉山】って場所で穴窯を使って焼きもの(器)をつくられています
穴窯の画像は【kunon-ホームページ】にあります

DSCN0545_convert_20100117155844.jpg
焼〆の器なので、使うほどに器自体に風合い?味わいがでてきて
特別な感じがしています

灰かぶりの【景色】もそれぞれだから
『自分の好みの景色を探すって感じ』でこちらも楽しめますよ。



我が家はこの2点のほかに
マグカップ、フリーカップ、花小鉢・・あと
おでん皿、これは五島さんが自分使用の為に命名してた(笑)のを使ってます。
DSCN1516_convert_20100112150933.jpg
こんな感じ!
DSCN0447_convert_20100117161933.jpg
【2010/01/17 16:20 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
信楽・五島さんの器②
こちらも五島さんの灰かぶりの器
DSCN1511_convert_20100117164653.jpg

        DSCN1520_convert_20100117164619.jpg
【2010/01/17 16:00 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ボロ市のやきいも
朝っぱら焼き芋食べてます!
20100116111351
ボロ市中心あたりのたくさんの植木屋さんの真ん中にあま~いの健在でした!

焼きいもやさんのおじさんは背が高くてステキな方で、
このボロ市で40年売り続けてきたんですって。






【2010/01/16 10:13 】 | 日記&身近なコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
信楽の急須②
茶葉が詰らない形状の注口急須です
DSCN1515_convert_20100112150907.jpg

       DSCN1514_convert_20100112150837.jpg
見た目が変てこりん?(笑)な注口急須なんですけど

利点は①【一度にたっぷり注げる】のと
     ②大きめな茶葉の場合でも【注ぎの出がいい】
     ③持ち手が【握りやすい】
     ④まん丸っこくて【安定感】もあります
【2010/01/15 17:28 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
世田谷ボロ市
12月にも紹介しましたけど
明日とあさって・・15日、16日は世田谷ボロ市です!!
 
毎年1月の開催は寒いけど・・この分だと例年以上の寒さなんじゃにのかな
出店場所にもよるけど、陽あたり良くても一日中風通しも良い(笑)場所の方は結構キツイですよね。。

開催時間が12時間で、準備や片付けいれたらもっと外に居るわけだし・・
きっと店側の人も来てる人も楽しそうだし・・
寒いけど、まあお祭り事だからいいのかな??

この分だとあったかい食べ物や飲み物は売れるんでしょうね。。
ちなみに本部近くの植木屋さんがたくさんいる真ん中あたりでやってる【やきいも】と物産展並びの【けんちん汁?トン汁?】かな?これは外せません!(笑)
他にも【八百屋さんのトン汁】も◎で、【肉やさんのメンチカツとフランク】、産直の【あん入り揚げまんじゅう】、【具たくさん揚げかま】【八百屋手造りのたくわん】【焼肉やさんのカツサンド】・・・と
とにかく買い食い天国なわけで(笑)

DSCN0465_convert_20090116121357.jpg
『油であげ?状態みたいなフランクフルト』一応お約束で(苦笑)食べました!
 
DSCN0466_convert_20090116121734.jpg
八百屋さんのトン汁


当たり前だけど毎回全部は制覇出来ないから(笑)
『食欲と気持ちがむくままってこと』で・・楽しみです!!



【2010/01/14 17:07 】 | いろいろな紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
藤田千絵子さんのマグカップ
まんまるで可愛らしいマグカップです
DSCN1507_convert_20100112150505.jpg
直径9cm×高7.5(容量300cc)



他にもこんな子達もいますよ!!
DSCN0061_convert_20100114162750.jpg  DSCN0542_convert_20100114162919.jpg

      DSCN0544_convert_20100114163040.jpg  DSCN0545_convert_20100114163114.jpg
【2010/01/14 17:00 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
信楽の急須①
DSCN1512_convert_20100112150739.jpg

本体の上口部分は幅広で、下が窄まってるかたちだから容量的にはあまり入らないけど・・
持ち手も握りやすくて蓋部分のツマミも大きいんで
手で抑えやすく出来てます・。


中はこんな感じ。。
DSCN1513_convert_20100112150806.jpg
使い方は・・
蓋で茶葉をおさえて、中側手前の櫛目部分がらお茶が出てくるつくりになってます。

急須だけど・・以前【土瓶蒸し】代わりに買われた方もありました
アイデア次第で『自分流に何にでも使う』って凄いですよね。







【2010/01/13 15:03 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
藤田千絵子さんの器③
③小どんぶりと飯椀。。白刷毛目も黒土釉もどちらも同じ形状です
 (生地が高いみたいでちょっぴり黒のが高価格で・・)
    DSCN1506_convert_20100112150436.jpg

                 "DSCN1505_convert_20100112150410.jpg"
                 左・・直径14.5×高8cm
                 右・・直径11.5×高6.5cm
【2010/01/12 15:38 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
藤田千絵子さんの鉢①と②
大きめなサラダ鉢というか高台つきなので麺鉢としても使える大きさです。
    DSCN1499_convert_20100112150213.jpg   
               DSCN1501_convert_20100112150243.jpg
                直径20cm×高8.5cm




小さな高台なしの小どんぶりという感じでしょうか。。
   (フォルムがカワイイんです)
    DSCN1504_convert_20100112150330.jpg   
                DSCN1502_convert_20100112150306.jpg
                  直径16.5cm×高8.5cm



【2010/01/12 15:31 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
ある日の食卓・・
仕事終わりで家に帰ったら・・
夕ご飯の用意がされてました!!
DSCN1497_convert_20100110153810.jpg

普段はメインはつくれ無い?作らない人なのに・・
イベント日じゃない、何でも無い日だったから【びっくりと嬉しい】がセットで来て(笑)
とっても助かるし・・何気に味は予想できてても、・・
『人に作ってもらうものってこんなに美味しいんだ』再認識できて
ラッキーな楽しい夕食の時間でした!!
【メニューは和風ハンバーグ、お野菜スープ、パスタサラダ、チキンのチーズのせでした。】
【2010/01/11 16:04 】 | 日記&身近なコト | コメント(0) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ