FC2ブログ
フラットプレート
最近また、どこかで、フラットなプレート(真たいらな皿)が、

メディアや、雑誌などとかで紹介されたのかはわかないですが、

問い合わせも含め、『探してます!』『欲しい!』な方、多いです(笑)



で、kunonにも、もちろんあります!

ただ・・メディアで紹介されたたのは、量産の成形品のようなんです。


kunonで扱ってるのは、オリジナルではないですが、

複数の作家さんとの相談して作ってもらったものなので、

スタッキングに最適とか、お値段的にも安価でとか、

同じシリーズでとか・・・そこをかなえるのはちと微妙かもしれないけど、

なかなかのもの、それこそ自個人的にだけど自信あります(笑)




事情があって、今ここに画像掲載できないんですが、

過去のblogの”うつわのご紹介”でアップしているので、

探ってみてみてください。




どなたも女性で、4人の作家さんからのものです。

形状は、正方形、丸、楕円、横長、食パン型などもあります。

サイズは、正方形だと17cm、24cm、28cmがあります


【2018/09/14 12:31 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
スープな季節??
本来なら、もう少し涼しくなって、

クーラーでなく、日常で温かいものって季節な感じだが、

そろそろ本格的秋も・・らしいが、

今日の気温も湿度もまったくもってその気配なし(笑)



そんななかでも、これからの季節に向いてる?品物は入荷です。

まぁ、通年使えるものですが、”スープカップ”は、温かいイメージもの。

現状のkunonの店頭には、窯元さん、製陶所さん違いでですが、9種類。

その中の一部には、色違いとかもあるので・・・プラス3種はあるかと。





土岐の窯元さん・・、kunonでは6件ほど訪ねてお取引していますが、

東濃という地域では、織部ものを見たり手にしたりすることが多いです。

こそで今日は、土岐市の丹山窯さんの織部なスープカップをご紹介します。



ほかに色(青や黒)もはあったのですが・・

こちらの窯元さんでは、織部と粉引きをチョイスしました
1111_convert_20180910132650.jpg
容量は、300㎖ですが、渕ギリぎりなので(苦笑)

快適に使いやすい量は、250㎖くらいまでかなぁ。


内側にも織部の釉薬が施してありますが、

まんま同色・・緑色のスープを入れないかぎりは、

白のスープカップよりは、中身が映えし、見栄えもよいかと・・と思います。




スープカップという名称ですが、みそ汁はもちろん

最近は、シリアルやヨーグルト、デザート類を入れたりも多いようです。

ちなみに私は・・我が家で私だけですが、

納豆のかきまぜ鉢や、お鍋の取り鉢にもつかってます


【2018/09/10 13:37 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
印花なフリーカップ
今日も、驚くほどの暑さ・・・

まぁ、暦的には、間違いなく残暑なんでしょうけど、

まだまだ、夏真っ盛りな太陽と気候。。

いつまで続くのか・・そして”秋”はキチンとあるのか心配です(笑)










さて・・・今日のうつわは。。。。。。”印花”

印されてるものは、焼きのに限らず、

どれも、異なる”押し”具合な分、表情豊かで好きな方も多いようだし、

もちろん、私も好きな手法のひとつです。




写真のふたつはわかりずらいかもですが、、

口径部分のが、丸と花輪になってて、異なる品です。
DSCN1079_convert_20180429185730.jpg

色も・・・同じように薬をかけていますが、

出来上がりで、表情や色合いにも濃淡あったりで、

これもまた、選ぶ人、使う人の好み(笑)

どんぴしゃ”好き”にであって、好きなとかで、使えたらいいですね。
【2018/08/26 15:59 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
青わっか。
ストライプと刷毛目、ドットも入荷してますが・・・新絵柄を


”青輪っか”という商品名で、栗田さんのとこからきたけど、

青より”藍”か”蒼”なってかんじな色で、で輪っかを書いてる品です。

IMG_1661_convert_20180813131721.jpg
サイズは、kunonで定番品から・・

横長角・・・175mm×110mm

楕円鉢・・・120mm×90mm×高さ40ミリ

飯椀大と小で今回は、栗田さんトコでも、従来からある品物に、

”お画書き”というか、色入れをお願いしてみました(笑)




そうそう、この飯椀の大なんですけど、

大きめな飯椀ということで、どの絵柄も評判良いうえ

最近はこの手の大きさ、形状、容量ものを、汁椀としても、購入され方も多く、、

これも、kunonが推奨してる、”多用”鉢って感じで、なんか嬉しいです。


ちなみに、我が家も汁椀は、陶器のちょいデカ飯椀を利用してます。

なぜならば・・・それこそ、塗りでなく、本物でない、お椀”もどき”が、

どうしても、安っぽく、せっかく作った汁なのになぁって、思ったりで、

家にある陶器のうつわを使ってみたら、

汁がさめにくいし、熱くても持ちにくく無かったと気づく・・みたいな(笑)

【2018/08/13 13:34 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
23cm角皿
栗田さんの工房で、既存である大きな皿を見かけ、

絵柄と、大きさを、kunon用に、何度かお願いして、

満を持して?(笑) 今回納入されました
IMG_1660_convert_20180812135902.jpg

左側が新作で、23cmのフラットプレート。

右は、従来からの定番な17cmのプレート。

ただ・・今回も、ストライプの”幅”がいつもと異なってる(苦笑)

いままで、扱ってきた中だと、真ん中の太さかも



このコンビの色の他、黒マットな単色も入してます。

他の色合いは、9月から10月の窯焼で”あがる”との予定です。

【2018/08/12 14:03 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
白道窯さんの白化粧フラット皿
今日も都内は、暑さからの不快指数が高いっておしらせあったけど、

無風な気はすれど、先週ほどの湿度はなく、

危険度とは違う、実質な”暑不快”とはちと異なるかも??

室内に居るから、そこそこエアコンたよりですが、それでも、暑いは暑いです(苦笑)






さて、うつわのご紹介しま~す。

磁器ではないので、”青白い”系というわけではないけど、

”白”だからスッキリというか、”白化粧”なうつわを!
DSCN1007_convert_20180425144854.jpg


長四角なプレートは、パスタ皿という名称ですが、

お刺身とか、揚げものなどを盛りたい!という方に評判良いです。



正角皿は、フラットな銘々皿でケ‐キなどの利用が多い様子。

丸皿は、ワンプレートに!って方から支持されてます。

【2018/08/01 14:30 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
蕎麦猪口
余りの暑さに、朝いくお買い物に三茶の駅方面までいくのは諦め・・

とりあえずは、近くで済ましたが、

やはり、買い足りないものはあるわけで、夜に出なおしすることにしました。

空気吸うってことを意識しちゃうほど、

暑い空気が体内に入ってきて、体調悪くなくても、具合悪くなりそう。。










さて・・・なぜだか、通年でも何度か”旬”扱いとなる、そばちょこ(笑)

で、今が、今も、”旬”といえば旬なので、一部ですがご紹介。



そばちょことお名前ついてますが、

湯呑、茶わん、酒器にと購入されるかたもあるので、

使い方は人それぞれ(笑) 

それこそ、使う道具としては

”フリ‐(カップ)”な位置にあるのがそばちょこかもしれないです。





【2018/07/15 12:00 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
白道窯さんの青緑プレート
七夕なので、色鮮やかぽいものをご紹介。



平たいが、中心部分が下がってるから盛りやすいもあるのか、

本名は”パスタ皿”となってます(笑)
DSCN1013_convert_20180425144936.jpg

ブルー(薄青)もグリーン(浅黄色)も、

冷製ものの食材がよく似合いそうだし、

盛ってで完成!なかんじというか、、画になるかんじです。


サイズは・・23×20cmで、微妙に正方形な皿。


【2018/07/07 15:26 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
丹山窯さんの、フリーカップ
外こげ茶なベースに、筆描きな花モチーフ・・・いっちん。

内側の釉薬が若草色と、桃色と、黄色・・

形状は、写真の2サイズと、写真無しですが、背高なビアカップがあります。

DSCN1055_convert_20180425145139.jpg
いっちん各種カップの容量・・・
・まん丸フリ‐カップ 《口径10cm×高さ7,5cm、容量300cc》   


丸いものは、デザート用にお求めになる方もあるし、

酒類や、冷茶にもと仕様方法はいろいろかと、

・・・にしても、どれもかなりたっぷりなサイズです(笑)


・タンブラー 《口径9cm×高さ9cm、容量350cc》
・ピルスナ‐ 《口径9cm×高さ12,5cm、容量500cc》
【2018/06/28 15:15 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
鈴木陶苑さんの6寸すり形状な鉢
なんとも分かりやすいというか、

浅いすり鉢な形に・・・渦巻き絵柄・・に、まんまと食い付いた私
DSCN1092_convert_20180429185854.jpg

この春からお世話になってり、鈴木陶苑さんのうつわです。

鉢の直径は約18cmほどの6寸。



絵柄は、このほかに・・同じ形状のものにですが

印花柄と、中心に向かうように描かれてるストライプがあります。


横線と、縦線、そして細い線と太い線で、かなり異なる印象のうつわ。

それこそ、欲しがる側の人の趣味や好みも違うしね。

いろいろ考え作ってる人って、改めてすごいわ~って。


【2018/06/16 12:41 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
白道窯さんの 白黒コンビ皿
今日ご案内するのは・・・

本名?正式な商品名はわからないけど(笑)


多きいほうが(24,5×13cm)で、

片がわが尻つぼみのように、”シュッ”としてて縁があり、

持ちやすくなってるので・・・・楕円変形深皿?かな。
DSCN1010_convert_20180425144910.jpg
小さい方は(17×11cm)で、楕円銘々皿って感じです。


大きい、楕円変形深皿の方は、白化粧部分に光沢があります。

楕円銘々皿の白化粧部分は、マットな仕上がりです。






kunonの業務連絡。

今日・・・雨風が強くなってしまったら、早終いしてしまうかもです。

【2018/06/11 15:28 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
信楽 急須
関東も”梅雨”に入ったと。。、

梅雨にというよりか、台風もあるようなので、

雨が多い日WEEK解禁!ってとこでしょうか?(笑)



梅雨に限らず、”低気圧”ってのに弱いわたしなので、

ぐずついてるル天気で、低気圧ど真ん中って予報でると、

文字見るだけで、気分どんより+やる気でない度が上がる・・みたいな(苦笑)

まぁ、人によっては、寝込んでしまう人もあるようなので、

”圧”もバカにできないんだなぁって。




で、私の場合の対処法は、

むし暑くても、熱いお茶や飲み物を飲むようにしてます。

内蔵もから、汗かくイメージがいいらしい。


で、せっかくなので、今日は急須をご紹介
DSCN1041_convert_20180425145032.jpg
窯元さんは異なりますが、どれも、信楽の急須です。

同じ信楽土でも、ブレンド具合や、焼き方によっては、

同じ地域産とは思えないものも・・

おかげで、信楽町内を見ればみるだけ、

動き回ればそれだけ、いろんなものに出逢える気がします。





【2018/06/06 13:23 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
目片さんの 飯わん
写真じゃわかりにくいですが・・

彫って、色入れて、画になるってる・・・そんなうつわです。

DSCN1070_convert_20180429185706.jpg

いつも思うのは、

目片さんのうつわ・・・花柄には、定義ないのかなぁ?って。

まぁ、決まったもので無い方が、私は好みなのでOKなので、

kunonでおいてるものも、投げやり適当ではないけど、

相談の上で、イ―ジ―オーダーな感じ。

でも・・・他のギャラリー向きにだと、定番の絵柄有る様子。



まぁ、わたしの場合は、どれがイイのかとも、正解もわからないので(笑)

いつも違うのがイイし、それこそお客様の目にとまり、

気に入ってくれたかたの家で、ご飯盛れたなら、それはそれで


他で無いものがkunonぽかもだし、

私個人的にも、個性アリ気が好みです!って伝えてます



写真の他にも、彫り花柄ので、酒器(盃、ぐいのみ)もあります。


【2018/06/02 12:59 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
宗陶苑さんの 片口酒器
お決まりなこれも・・・

カタチも色も風合いもも、素材も異なってます
DSCN1044_convert_20180425145058.jpg

容量的には、1合な180cc~200ccくらいまででそれぞれですが、

ギリギリ&なみなみでなく、

注ぐ時に零れず使いやすい容量でご案内です



横からみればご理解いただけるかとおもうのですが、

ボディサイズ?(胴体の大きさ)も異なるので、、

手の小さい(握りが小さい)方は、

それこそ、見た目も大事ですが、、

持ちやすさなフィット感も重視されてで選ぶのもいいのかもしれないです。
DSCN1042_convert_20180425145113.jpg


余談ですが・・・

お酒用な”注口酒器”の他、

湯さまし、花器、小さいおかず様にや、デザート小鉢としても使ってる方も。。

これも、使い方は、使う方次第で、”うつわの変化”ってことのようです。

【2018/05/31 12:21 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
盛り付け
深濃い、藍色なうつわ・・

盛り付けというほどでないが……

細野順子さんの楕円皿、19.5×10.5センチのうつわに、

かまぼこをいただきものしたので、盛ってみた。



このうつわ、家庭でよく使うサイズの玉子焼きでつくる・・

厚焼き卵焼きの大きさにも合ってるし、

切り身シャケ、細長い豆腐とかもにも、ベストサイズ!

濃い色うつわは、淡い食材がそのままでも映えるので、お勧めです。

【2018/05/27 14:22 】 | うつわのご紹介 | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ